学費を免除できる制度

男の人

看護師は医師のサポートを行なったり、患者の補助を行なうお仕事です。やりがいのある仕事なので、人気の職業となっていますが、学費が高いため看護学校に通えないと夢を諦めてしまう人も多くいます。しかし、学費の心配をせずに看護学校に通える制度ができました。

病院奨学金と呼ばれている制度は看護学生を対象にしています。これは民会団体が制度を設けている場合や病院グループが奨学金制度を行なっていることがあり、種類が多いことで知られています。奨学金といえば、学生の間だけお金を借りて後で返すイメージが強いものですが、病院奨学金はほとんど免除される特徴があります。しかし、卒業後は必ず制度を行なっている病院で、一定期間働く必要があるのです。そのため、働きたい病院が病院奨学金を行なっているか、確認してから利用すると良いでしょう。また、制度によって利子額や返還条件などが異なってきます。

病院奨学金は都道府県や市町村が設けている場合もあります。この制度は卒業後に指定された医療機関で働くことで返済が免除されます。ただし、これも一定期間以上勤務することが条件になっています。条件に満たないまま退職してしまうと、奨学金の返還義務が求められる場合があるので注意しましょう。

看護学生だけでなく、医学生でも利用できる制度には学生支援機構が行っている病院奨学金があります。学力や家計の事情によって審査していくものですが、募集人数が多く、奨学金に合格しやすいと言われています。