学校に通って学習

男女

現在、人気を集めている仕事には理学療法士が挙げられます。主に病院に勤務することが多い職業で、ストレッチやマッサージなどを施術しながらリハビリを行なっていきます。学校に通えば、理学療法士の国家資格を取得することができますが、様々な知識を学んでいく必要があります。

理学療法士の資格を取得するためには、運動療法や物理療法、日常生活動作訓練などのカリキュラムを学ぶことが大切です。運動療法は柔道整復師の資格でも学びますが、理学療法士の場合、疾患に合わせて施術を行なうので学習する内容が少し異なります。関節可動域訓練や筋力増強運動を行ない機能の回復を図っていきます。物理療法は、患部に物理エネルギーを加えて反応を見ながら治療するものです。電気刺激や超音波、光線療法を行ないますが、施術によっては症状が悪化してしまう可能性もあるので、患者の主治医の確認しながら施術していきます。リハビリのイメージが強い日常生活動作訓練は高齢者だけでなく、病気や骨折などの患者さんを対応するものです。日常生活で必要となる動作を主に訓練するため、根気強く行う必要があり、専門的な知識を要します。これら以外にも様々なカリキュラムが行われていますが、学校によって学ぶ内容が異なる場合があります。そのため、いろんな学校のカリキュラムを見比べることが大切です。最近では理学療法士を目指せる学校の情報を集めたサイトがあるので、チェックしてみると良いでしょう。